2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011
新型レンジローバーEvoque がブランドの 40 周年式典で「客演」
 
2010年7月2日
●新型コンパクト・レンジローバーの写真を初公開
●正式名称はレンジローバーEvoque
●幾多の賞に輝く英国リバプール・ヘイルウッド工場で 1000 人の新雇用を創出
●160 を超える国々で販売される世界戦略車
●LRX コンセプトカーに忠実なデザイン
●史上最も小さく、軽量で、燃費に優れたレンジローバー
●4WD と 2WD が選択可能で CO2 排出量は 130g 以下
●公式なパブリック・デビューは 9 月 30 日、パリ・モーター・ショーにて
●2011 年の夏に発売

2010 年 7 月 1 日 ロンドン、ケンジントン宮殿オランジェリー発 ―ランドローバーは
本日、『ヴォーグ』誌※とロンドンで共同開催したレンジローバーの 40 周年式典でゲストにむけて
新型コンパクト・レンジローバーのエクスクルーシブ・プレビューを実施、続いて同モデルの初の
公式写真を一般向けに公開しました。

レンジローバーEvoque と命名されたこの新型クーペは、レンジローバーおよびレンジローバース
ポーツのラインナップに 2011 年の夏に加わる予定です。これまで生産されたモデルの中で、最も
小さく、軽量で、燃費に優れたレンジローバーとなります。お客様は 4WD と 2WD の両バージョ
ンから選択可能です。しかも CO2 排出量が 130g/km 以下に抑えられており、環境の持続可能性
(サステナビリティ)に対するレンジローバー・ブランドの約束が果たされています。

ランドローバーのフィル・ポッパム社長は次のように語っています。「今日はレンジローバーに
とってとても特別な日です。それはブランドの 40 周年を祝うだけでなく、新型レンジローバー
Evoque のお披露目によって我が社のエキサイティングな将来をご覧頂いているからです。レンジ
ローバーは自動車の歴史で最もその名が知られ、かつアイコン的な車のひとつであり、1970 年の
デビュー以来、成功を続けてきた車でもあります。この新型レンジローバーEvoqueは、我々が今後
も成功を維持し、ブランドを成長させるための重要なステップなのです。お客様は、この新車がプ
レミアム感に満ち、豪華で、しかも他のレンジローバー・モデルとまったく変わらない特別な存在
であると確信されることでしょう。スポーティーな外観と比類のない品質が、これまでレンジロー
バー製品に関心を払わなかったような新しいお客様へも、ブランドの門戸を開放することと信じて
います。」

「新型レンジローバーEvoque は、英国リバプール郊外の数々の賞に輝くヘイルウッド工場で生産
される予定です。マージーサイド地域に 1000 人の新しい雇用を創出し、英国の経済に対しても多
大な貢献をすることとなります。このヘイルウッド工場は優秀さと品質の面で定評があり、業界を
通じてリーン生産方式のリーダー的な存在として知られています。」

さらに、ポッパム社長は「新型レンジローバーEvoque は真の世界戦略車であり、160 以上の国々
で販売する計画です。その意味でも、この車に世界中の言語や文化的な境界を超えた即座に認識で
きる名前を与えることは重要でした。我々は革新的で、他とは違う新しい車名を創りたかったので
す。それとなく独占性を暗示しつつも人々の感情を揺さぶるような車名です。Evoqueという名は、
コスモポリタンで大陸横断的、しかも洗練されていて、都市のエレガンスにもマッチします。」と
付け加えました。

ランドローバーのデザイン・ディレクターであるゲリー・マクガバンは次にように語っています。
「レンジローバーのデザインは、時の試練に耐え、理解するのが難しくないアイコン的なもので
す。現在のモデルもそうですが、オリジナルのレンジローバーも簡単にそれとわかる、とてもシン
プルで記憶しやすい形でした。」

「新しいレンジローバーEvoqueは、既存のレンジローバー・デザインから大胆な進化遂げたことを
際立たせ、お客様にとって魅力ある、プレミアムな SUVのような小型車を提供します。2008年に
我々は LRX コンセプトカーを発表しました。世界中から好評をいただいた LRX コンセプトカー
は、ビジネスのごく自然なステップとして現実の車に生まれ変わったのです。今夜、我々は自分た
ちが過去に発した言葉に忠実で、LRX コンセプトの精神を余すところなく表現した車を世界中の
方々にご披露したかったのです。」

さらにマクガバンは、「新型レンジローバーEvoqueは、お客様と感情のレベルで共鳴します。特徴
的な(下降してくる)フォーリング・ルーフとドラマティックにせり上がってくるウエストラインに
よって強調された独特なシルエットは現代的で、しかもお馴染みのレンジローバーのデザイン言語
との関連性も創り出しています。この車は、より広い観衆にレンジローバー・ブランドの意図を訴
えかける、力強い声明なのです。」と付け加えました。
新型レンジローバーEvoque は 9月の終わりに開催されるパリ・モーター・ショーで一般向けに公
開され、翌年夏に発売される予定です。

***
※ 当式典におけるレンジローバーと『ヴォーグ』誌とのパートナーシップは、1981 年までさかの
ぼります。この年、最初の工場生産限定モデルであるレンジローバー「イン・ヴォーグ」(In-
Vogue)が、『ヴォーグ』誌がフランス・ビアリッツで行ったファッション撮影で使用されました。
この特別仕様車が 1983 年の「ヴォーグ」ネームの採用につながり、現在も先進装備を標準装着し
たモデル-「レンジローバー・ヴォーグ」に使用されています。

注)Evoqueのカタカナ表記に関しては現在検討中(社内では暫定的に「イボーク」と呼んでおります
が最終決定ではありません)ですので、アルファベット表記をそのままお使いいただけると幸いで
す。

読者からの問い合わせ先:
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568