2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011
ランドローバー「ディスカバリー3」 7月14日より特別限定車「Supreme」を発売
 
2007年7月12日
ランドローバージャパン(本社:東京都港区、代表:デービッド・ブルーム)は、ランドローバーブランドの中核モデルである「ディスカバリー3」の特別限定車「Supreme(スープリーム)」を2007年7月14日より30台発売します。

ディスカバリーは1989年のデビュー以来、並外れた幅広い性能と快適な空間により、日本をはじめ、世界各国で支持されている、ランドローバーの中核を担うモデルです。デビュー以来、これまでに約70万台を超える販売台数を誇ります。

「Supreme」は、ディスカバリーの3代目であり、一昨年5月に発売した「ディスカバリー3」の4.4リッターV8エンジンを搭載するトップグレード「HSE」をベースとした限定車です。よりプレミアムさを強調したインテリアでは、センターコンソールからフェイシアにかけ、質感のあるウォールナットを採用したほか、シートではソフトレザーにギャザー加工を施し、エレガントさを表現しています。

また、シフトノブ、センターコンソール、グローブボックスのリリース・ハンドルやスピーカー部には、ブルネル仕上げやシルバー・フィニッシュを取り入れ、シャープでモダンな印象を作り出し、さらに、従来ファクトリーオプションであるナビゲーションシステムを標準装備としました。

エクステリアでは、19インチ・アロイホイールを採用したほか、ボディ・カラーは、この限定車だけの特別色であるプレミアムな淡いゴールドの「アタカマ・サンド」とし、さらにホイールアーチ等もボディ同色とし、上質で落ち着いた雰囲気の中にも、スタイリッシュさを演出しています。

「ディスカバリー3」は、乗員7名すべての方への十分な視界、3列目まで頭上と足元にも十分なスペースが確保されたシートへの工夫をはじめ、全席の頭上に天窓が広がるガラスルーフの採用など、この上なく開放的で快適な 居住空間が広がります。また、スイッチ操作一つで5つの路面状況を簡単に選択できる”テレイン・レスポンスTMにより、あらゆる状況下で本格的な4×4の走りを、余裕をもって楽しんでいただけるモデルです。

車両本体価格は8,650,000円。すべての車両に、24時間のエマージェンシーサービス「ランドローバー・ツーリングエイド」とメンテナンス費用が半額となる「ランドローバー・アクティブケア」、登録より3年間または60,000kmのメーカー保証が付帯されています。

車両本体価格(消費税込)
ディスカバリー3 Supreme   ¥8,650,000


特別装備
  ・ボディ・カラー(トリムカラー): アタカマ・サンド(アルパカ)
  ・ボディカラー・ホイールアーチ及びバンパー
  ・19インチ・アロイホイール
  ・ナビゲーションシステム
  ・ストレートグレイン・ウォールナット・ウッドフェイシア
  ・プレミアム・レザーシート (運転席ポケット、レザー・コンソール・リッド)
  ・ブルネル仕上げ&シルバーフィニッシュ・トリムパーツ
  ・運転席パワー・ランバーサポート
  ・8ウェイ電動調整式助手席
  ・リア・パークディスタンス・コントロール
  ・特別限定車専用バッヂ


読者からの問い合わせ先:
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568