2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011
ランドローバーG4チャレンジ
 
2004年11月16日
2006年開催に向けて準備始動

ランドローバーG4チャレンジのレッキ(事前調査)チームは、毎日新しい土地を制覇しながら、これまですでに10,000マイルの東南アジアの未開の地を探索しています。2006年に開催予定のランドローバーG4チャレンジのオープニングステージとなるこの地で、参加選手および市販車とほぼ同じ仕様のランドローバーの車両の力量を試す厳しい競技コース設定のため、レッキチームはタイからベトナムの国境付近までトレッキングし、カンボジアからラオスへと向かい、山脈、ジャングルそしてこの地の渓谷を念入りに調査しました。

プロジェクト・ダイレクターであるニキ・デイヴィースは、「この規模のイベントとなると、競技内容を企画する前に競技を開催できる可能性のある場所やルートすべてを事前に調べるのに、膨大な時間が必要なのです。」と語っています。「最終的に私達はラオスの荒地で初期ステージを開催するために全力を尽くしました。世界の景勝地として挙げられるこの辺りは、タイ北部からカンボジアとの国境付近、そしてベトナムまで、オフロードを走行して数時間で行くことができます。メコン川周辺の渓谷は特に素晴らしく、泥、水、そして川が入り混じり、その流れには終わりがないように見えます。」

この4週間にわたるイベントは、2006年4月23日から開催することが正式に決定しました。出発地はタイの首都であり、好景気で沸くバンコクの都市部から競技をスタートし、ラオス山岳地帯の広葉樹林へ冒険に乗り出します。熱帯雨林の山中では、厳しい路面やメコン川の流れ(「ラオスの海」と言われる)を越え、競技は象や美しい寺、古代の遺跡などジャングルに眠る、素晴らしい背景に彩られながら行われます。

2006ランドローバーG4チャレンジは、約1ヶ月にわたるグローバルな冒険に、母国を代表する18人の男女が参加します。Newディスカバリー3や未発表のモデルを含む、市販車とほぼ同仕様のランドローバー車両が、選手達の自転車、クライミング、カヤックなどの装備を積載し、勝利への冒険をサポートします。またランドローバー車両は、競技に不可欠な要素であるタフな日々の4x4ドライビングでも、その目立つオレンジ色の車体で活躍します。2006ランドローバーG4チャレンジの優勝者は、一生涯忘れられない経験とともにNewレンジローバーの新車を1台手にすることができます。

世界の4つの共産圏のひとつであるラオスは、外の世界からの影響がなく、ほとんど手付かずの状態で残っています。そのような土地にランドローバーが上陸したことは、ちょっとしたニュースとなっています。「ランドローバーG4チャレンジの存在は、すでに地元の高い関心を惹いています。」とニキ・デイヴィースは言っています。「私達はラオス政府観光局の協力によって、地元より非常に温かく、熱烈な歓迎を受けています。」

ランドローバーG4チャレンジは、東南アジアでの競技を終えた後、舞台を南アメリカはリオ・デ・ジャネイロの世界でも有数のビーチへ移します。そして2006年5月20日、ボリビア高原でゴールを迎えます。

競技参加の応募は、ランドローバーG4チャレンジ・オンラインにて受け付けています。

詳細情報はランドローバーG4チャレンジ・オンライン・プレスルームにログオンください。

Note:
2006ランドローバーG4チャレンジに参加を予定している国は下記の通りです。


アルゼンチンオーストラリアベルギー&ルクセンブルグ
ブラジルチリ&コスタリカフランス
ドイツギリシアアイルランド
イタリア日本オランダ
南アフリカスペインロシア
台湾トルコ英国


参加費は無料です。参加者の条件は下記の通りです。

  • 2004年6月21日時点で21歳以上であること

  • 代表となることを希望する国の国民であること、もしくは法的に認められた居住者であること

  • 過去に運転免許の取り消しや一時失効を受けたことのない、有効な運転免許証を保持していること

  • 2年以上の運転歴があること

  • コミュニケーションを円滑に行うことのできる程度以上の英語会話力を有していること(このため、申し込みサイトも英語のみです。)


ランドローバー、およびフォードの社員、エージェントの方はエントリーできません。

なお高解像度の画像は、オンライン・プレスルームからダウンロードできます。

読者からのお問い合わせ先 フリーダイヤル:0120-18‐5568